白髪染め ランキング

白髪染めってどれを選べばいいの?徹底調査結果をランキング!

ランキング

実際どの白髪染めを使えばしっかりと染まり、自然に見える髪になるのか。

 

口コミはもちろん、成分やコストパフォーマンス、特徴などを総合的に情報を集めランキング形式で紹介しています。

 

 

最新のランキングですので、是非参考にしてみて頂ければと思います!

 

白髪染めランキング1位 白髪染めランキング1位 LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント


総合満足度ダントツのbP!
色も自然で髪も傷まない♪


人気ランキングポイント1普通に使い始めから染まり、3回使えばほぼ染まる♪
人気ランキングポイント2トリートメント効果もあり、髪ツヤツヤ
人気ランキングポイント3植物系の染料なので安心安全!
人気ランキングポイント4髪が乾いていても濡れていても使える♪

白髪染めルプルプの説明ルプルプは、LPLPとタカラバイオ株式会社が共同で開発した白髪染めです。
トリートメント機能を持たせ、髪や頭皮へのケアも最大限に考慮したトリートメントタイプの白髪染めになっています。
ルプルプは天然由来成分を使用しているため頭皮に対して低刺激です。
その中で、ガゴメ昆布の「フコイダン」成分を使用しており、頭皮の状態をいい状態にする効果があり、白髪染めと同時に頭皮ケア、育毛ケアもできることが特徴です。
色持ちもよくばさつきにくいため、不動の人気があります。

 

白髪染め公式サイトへ

白髪染めランキング2位 白髪染めランキング2位 利尻ヘアカラートリートメント

白髪染め


ロングセラーの白髪染め
一度使い始めたら手放せなくなる♪


人気ランキングポイント1無添加の利尻昆布エキスで白髪染め
人気ランキングポイント2トリートメント効果はNo.1!!
人気ランキングポイント3バランスがとれた白髪染め!
人気ランキングポイント4低刺激なので頭皮にも優しい♪

利尻ヘアカラートリートメントの説明昔の時代から昆布やわかめは美しい髪を作るものとして重宝されてきました。
「利尻ヘアカラートリートメント」は、まざにその昆布の効果を応用して作られています。
昆布の中でも特に利尻昆布はミネラルやフコイダンなどの黒髪成分が多く配合されており、さらにクチナシやウコンなども成分として配合されており、白髪を染めてくれます。
また、利尻ヘアカラートリートメントは全て天然素材で無添加のため頭皮への刺激がほとんどありません
そのため白髪染めを使って頭皮を傷めた経験がある方はぜひ利尻ヘアカラーを使ってみることをおすすめします。
利尻ヘアカラートリートメントはロングセラー商品で、累計600万本以上売れています。

 

白髪染めランキングnavi

白髪染めランキング3位 白髪染めランキング3位 グローリン・サンクロス

グローリン・サンクロス



めんどくさくない白髪染めNo.1!
白髪染め業界の革命商品です♪


人気ランキングポイント1髪が傷まずに染まると評判♪
人気ランキングポイント2わずか5分でOK!苦労ゼロの白髪染め
人気ランキングポイント3洗い流しも不要という手軽さ♪

ルプルプの説明1グローリン・サンクロスは、本当に手間を省いた白髪染めとして有名です。CMでもやっている通り、約5分程度で、しかも家事などをやっている間に終わってしまうという手軽さ。
もちろん効果も高く、髪にダメージを与えないシルク成分を配合。
また、白髪染め特有のニオイもなし。
とにかく苦労ゼロの白髪染めです♪

 

効果の高い白髪染めのイメージ画像

 

白髪染めランキングへ戻る↑

白髪染めとヘアカラー

白髪染めランキング

ヘアカラーと白髪染めの違いはご存知ですか。
みなさん意外と知らないものなのです。
髪の毛にどうやって色を付けるのか、どうやって色を変えてみせるのか詳しく説明していきましょう。

 

黒髪用ヘアカラーリングと白髪染めは全く違うもの

どちらも、髪の毛を黒色にしたいという目的を満たしてくれる手法ですが、黒色に染まっていく経過が異なります。

 

ヘアカラーリングというものはそもそも、髪の毛に染料を染み込ませて髪の毛に色を付けようとするものです。
私たち多くの日本人特有の黒髪はメラニン色素が強いため、黒いヘアカラーを入れようとしてもなかな効果が表れにくいのです。

 

よく、CMで宣伝されているヘアカラーリング剤や美容院でおこなうヘアカラーには、髪色を脱色させるブリーチ剤が含まれているのです。

 

最初、色の明るさによって髪の毛に含まれるメラニン色素をブリーチ剤によって脱色させます。
その後に髪の毛を染色するという工程になるのです。

 

しかしこのブリーチ剤には過酸化水素水が含まれており、これがメラニン色素を除去していきますが、同時に髪の毛の表面にあるキューティクルまで破壊してしまうので、髪の毛を痛めてしまうのです。

 

一方、白髪染めにはブリーチ剤が含まれていません。

 

白髪染めランキング

そもそも、白髪にはメラニン色素が抜けてしまっているためブリーチ剤が必要ないのです。だから、黒髪よりもカラーが浸透しやすいので白髪には白髪染めが染まっていくのです。

 

白髪染めランキング

白髪が気になり白髪染めをする人は大抵、白髪が黒髪に混ざっている状態です。そのため白髪だけをカラーリングするというのは不可能なことです。

 

必然的に、頭髪に含まれる黒髪にも染色する染色剤を使っていくことになります。


手軽に使える白髪染め

白髪染めランキング

白髪染めで白髪をうまく隠せても、髪が伸びるとともに生え際の白髪が目立ってしまうことがあります。
こういった時、全体をまた白髪染めで染めてしまうと髪の色にムラができてしまいますし、髪も傷んでしまいます。

 

ですから美容院に行って部分的に白髪染めを塗ってもらうこともできますが、時間がない時や自宅でやりたいかた、安価で続けたい方は、トリートメント型の白髪染めが便利です。

 

 

手軽に自宅で一人で使えるので、鏡を見ながら片手で白髪染めを行うことができますし、手袋などの準備も不要なので助かります。
少しの白髪を隠したい時は、こういったメイク感覚で使える白髪染めを使うといいでしょう。

 

 

持ち歩きもできますから、長期の旅行時にも最適です。
特に分け目の部分は今までと違った分け目にすることで新しい白髪を発見してしまうこともありますから注意です。美容院などと違って予約もいりませんから、家にストックしておくといいでしょう。

 

べたつかず乾きの早いものだと、染めた後のヘアアレンジも楽々です。

 

また、白髪染めも自然の成分を使用したものや低刺激のものは頭皮にも優しいので、抜け毛や切れ毛が気になる人は成分にもこだわって白髪染めを選んでいくといいでしょう。

 

白髪染めランキングNaviトップに戻る


美容院?自宅?メリットとデメリット

白髪染めは、美容院でも自宅でも行うことかできます。

 

白髪染め人気ランキング

 

どちらが良いか?

 

それは個人差がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

美容院で行う

メリット

美容院のいいところは人にやってもらうため、自分では見えにくい部分もきれいに仕上げてもらうことができることです。
塗り残しはありませんし、染めた後の洗浄もきれいにしてもらうことができるので自分の手や衣服を汚す心配がありません。

 

すべてやってもらえるという手軽さです。
そして、美容師が行うことで、キレイにきちんと染まるということが一番です。

 

白髪が目立ってきたときに、ちょうどよく行くことで、そろそろ染めましょうという展開で、キレイにすることができます。

 

これは、どうしても自分で行う場合には、前は良いのですが、後ろが見えなかったり、完璧にすることは困難です。
仕上がった時に、イマイチ染めあがりがうまく行っていないということもありますが、美容師による染めあがりは全く違います。
染め方についてはプロの技ですから、安心はできます。

 

デメリット

時間と費用がかかってしまうことです。
一回あたりに1万円前後はかかるため、毎月利用していれば年間に12万円も費用がかかることとなってしまいます。
また、美容院で使用する薬品はよく染まりますが、染料のにおいが強く薬液の効果が強いため、皮膚や髪の毛への負担も大きくなります。

 

一番良いのは、通い慣れた美容院などでカットやパーマついでに染めることでしょう。

 

こだわりがあるので美容院で必ず行っている、そんな方にとっては、自宅での白髪染めは不安もあり、面倒に感じることもあります。

 

髪の毛や頭皮のダメージですが、これは吟味したものを使用することになります。

 

自宅(セルフ)で行う場合

メリット

自分の都合のいいときに行うことができるということと、費用が安く済むということです。
自宅でおこなえば、白髪染めの代金だけで済みます。

 

ところが、美容院に行くと、カットなどと合わすと一回10000円程度はかかるとされています。
そして、時間を作らなければならない、そのときに混んでいたり、時間が取れないことで、白髪のまますごさなければならないこともあります。
さらに美容院の場合、定期的に通う必要があるので、その分自宅でできるのは時間も費用も節約できます♪

 

デメリット

デメリットとしては、自分で行うため、後頭部などの見えにくいところはきれいに仕上げることが難しかったり、薬液によって家の中や、自分の手、衣服などを汚してしまう可能性があるということです。

 

また、冬場の場合には水場での作業は非常に寒くて大変です。

 

結局、どっちがいいの

 

白髪染めの効果

 

このように美容院で行う場合にも、自分で行う場合においてもメリットとデメリットがあります。
そのため、どちらを選ぶのかは自分次第でいいのです。

 

ただ、現在の白髪染めは美容院でできるクオリティのものも出てきているので、コストパフォーマンスや時間の節約を考えて、自宅でやる人が圧倒的に多くなってきています

 

また上手な美容院の利用方法として、数ヶ月に一度カットと一緒に白髪染めを行い、その間は自宅で白髪染めなどを使用して新たに生えてきた白髪部分をリタッチによって染めるようにする方法があります。
この方法にすれば効率的に白髪を染めることができます。

 

 

自宅で自分でできる白髪染めですと、好きなタイミングで白髪を染めることができるので、お手軽です。
最近では白髪染めに関する商品は非常に充実しており、品質も大きく向上しています。

 

そのため、上手に利用すれば自宅で自分で行うセルフの白髪染めでも美容院で行ったような仕上がりにすることも可能です。

 

白髪染めランキングへ戻る↑