白髪のメカニズム

白髪になるメカニズムを知って、白髪予防!

できることなら、ずっと黒髪を保ちたいと思いませんか。しかし、加齢とともにどうしても白髪が生えてきてしまいます。
中には、若いころから白髪が生えてくる人もいます。どうすれば予防することができるのでしょうか。

 

メカニズムをしることで、黒髪をなるべく長い間、保つようにしませんか。加齢だけではないので、若い人も知っておいたほうが良いでしょう。

 

老化現象の一つ

 

まずは、老化現象が原因の場合です。加齢とともに、体内からいろいろな成分が減ってしまいます。その中に、メラニン色素を作るチロシナーゼという酵素も含まれます。

 

チロシナーゼが不足してしまうと、メラニン色素がうまく作り出せなくなってしまいますので、自然と白髪が増えてしまうというわけです。

 

これが、最も多くの人に起こりうる白髪のメカニズムです。30代後半くらいから気になってきたということであれば、自分の体の中にあるチロシナーゼが減ってきたと考えて良いでしょう。もっと若い年代の人であれば、他の原因を考えたほうがよさそうです。

 

栄養が不足している

 

若くても、あまり食事を摂らなかったり偏った食事ばかりしてしまうと、髪の毛に必要な栄養が不足してしまいます。

 

やはり、髪の毛を黒く保つためには、チロシナーゼが必要ですが、若い人でも栄養不足によってチロシナーゼが不足してしまうこともあります。

 

 

髪の毛に必要な栄養は、ビタミンやミネラル、アミノ酸などです。この中でもチロシナーゼを働かせるために必要なのは、ミネラルです。栄養バランスの整った食事をしないとミネラルが不足するでしょう。

 

現代人の食事だけでは、ミネラルが不足することはよくあります。また、無理なダイエットによって食事制限した場合もミネラル不足になりやすいです。そうすると、チロシナーゼが不足してしまい、白髪が生えてしまうかもしれません。

 

生活習慣の乱れも白髪の原因に

 

現代は、夜遅くまで起きている人も少なくありません。早寝早起きが理想的ですが、夜遅くまで起きて、たっぷり寝たり、ほとんど寝ないという人もいるのではないでしょうか。日によって、生活のリズムが違う人もいるでしょう。そういう人は、自律神経が乱れやすくなります。

 

自律神経が乱れると、代謝がよくなりすぎたり、悪くなったりしてしまいます。また、血流が悪くなります。メラニンは血液から作られますので、白髪になってしまうのです。

 

自律神経が乱れると必ず白髪が生えるわけではありませんが、メカニズムを知っておくことで、ストレスをため込まないようにするなど工夫して予防しましょう。

 

他にも考えられることはいろいろある

 

白髪が生えるメカニズムは、他にもたくさん考えられます。自分の親族に白髪が生えている人はいませんか。遺伝が原因で生えることもあります。

 

 

まだまだ遺伝が原因の白髪は解明されていないことも多いですが、両親などに白髪が多い人がいる場合は生えやすくなります。

 

ヘアカラーやブリーチのやり過ぎによっても白髪が生える場合がありますので、気を付けてください。
また、抗生物質の服用によって白髪が生えることもあります。頻繁に飲んでいると皮膚の正常なバランスが乱れることがあるので気を付けたほうがよさそうです。特に、乾燥肌の人に多いようです。

 

 

白髪になるメカニズムは、いくつも考えられます。病気が原因で生えることもあります。自分で気を付ければ予防できる原因は、いくつもあります。やはり、食生活や生活習慣は気を付けたほうが良いです。好きなものを好んで食べてしまいがちですが、髪の毛のことも考えて、栄養バランスの整った食事に変えましょう。

 

仕事の影響で不規則な生活になりやすい人もなるべく生活のリズムを整えて、白髪が生えないように気を付けましょう。