白髪染めの利用の仕方

白髪染めの利用の仕方

白髪染め美人

白髪染めは、髪の色をどの様にするのか。若返りが目的なのか。白髪染めは部分染めと全体染めが必要だと思う。サロンでも自宅でも出来ると便利である。価格は自宅だったら全体染めが1000円、部分染めが500円だったら良いと思う。サロンだったら、カットとセットで全体染めが一万5千円、部分染めが8000円だったらどうか。もっと白髪染めをする人が増えるのではないか。

 

白髪染めは、女性と男性ではどちらの利用者が多いのか。女性の場合は、ロングヘアの場合もあるので合わせてとトリートメントをすると利用者に喜ばれると考える。介護施設や病院の理髪で出来たら効果的なのか。不都合な場合はあるのか。検討の余地はあると考える。男性の場合、白髪染めと合わせて、頭皮ケアも良いと思う。日頃ケアしないような部分をたまにケアする事は良いのではないか。

白髪染めランキング女子

さらに外出の予定がある場合、カラーリングやパーマとセットで行うと良いのではないかと考える。おすすめは自宅よりもサロンではないか。自宅で行う煩わしさはあるだろう。風呂や洗面所のシンクに色が着いてしまう様な事は案外あるのではないか。そういうトラブルを避けるためにはサロンは効果的であろう。自宅の良さはやはり節約だと考える。家族が多い場合手伝ってもらえると言う利点もあるだろう。

 

 

白髪染めランキングNaviトップに戻る


自分でできる白髪染め

白髪が出てくるとそれだけで老けて見えてしまうのが残念ですよね。
かといって、髪の毛が伸びてくるとすぐに根元の白い部分が目立ってしまうのが辛いところ。
大体3〜4週間に1回染めたら綺麗な状態がキープできるといわれています。

 

毎月美容院に行けたらいいけど、お金も時間ももったいない!
そんな場合は市販のヘアカラーがお勧めです。
簡単にスーパーやドラッグストアで手に入れることができますし、何より低コストで済みます。
1箱大体1,000円前後なので、美容院に比べたら何分の1の価格でしょうか。

 

不器用だから自分でヘアカラーなんて無理、と思っている方は泡タイプが良いですよ。
市販のヘアカラーはクリームタイプ、液状タイプ、泡タイプなどが一般的です。
昔はクリームや液状のものが主流でしたが、最近では色々なメーカーで泡タイプが出ています。
泡タイプの良いところは、最終的にシャンプーのように揉みこむことができるので、染めムラが少なく素人でも比較的簡単に綺麗な仕上がりが期待できることです。

 

やり方も簡単で、まずはざっくりと手ぐしで髪の毛を分けます。
染めたい部分、白髪なので根元から泡をつけていき、その後は全体に泡を広げ揉みこみます。
最終的には髪の毛をまとめるような気持ちで泡をなじませ、時間をおいて流したら終了です。
手順は白髪染めの箱の中に説明書もありますので、見ながらやると安心ですよ。

 

白髪染めランキングNaviトップに戻る

利用の仕方記事一覧

ヘナとヘアカラーを使い分ける

前髪から頭頂部にかけての白髪が気になるので、白髪を欠かさず染めています。「ごま塩頭」は清潔感に欠けるような感じがして、どうしても好きになれないのです。白髪が気になりだしたころは、ヘアカラーを使っていました。ヘアカラーのよいところは、何といっても短時間で手軽に染められることです。10〜15分くらいで染...

≫続きを読む

白髪染めで炎症を起こさないためには

最近は市販の白髪染めもいろいろなものが販売されていますが、手軽にできてしっかり染まるというものが好まれているようです。どうせお金を出すのならはっきりと効果が出なければと思いがちですが、白髪染めで炎症が起こったなどのトラブルも起こらないわけではないので注意が必要です。白髪染め自体には独特の刺激のある臭...

≫続きを読む

部分染め出来るアイテムを使ってみる

全体的には黒い髪の毛が多いものの、ところどころに白い毛が混ざってしまっている方も存在しています。この場合、白髪部分のみを染めるのは難しくなっているため、全体的に白髪染めを行わないといけません。白髪がすぐに生えてきてしまう人は高頻度に行う必要が出てきますが、元々髪が細く柔らかいタイプの人は、白髪染めに...

≫続きを読む