様々な白髪染めを試してみました

様々な白髪染めを試してみました

白髪染めマスター

年代的に白髪がチラホラ見える年齢となってきましたが、私の場合は同年代の友達よりも白髪が多く、
白髪染めを定期的にしなければならないほどです。

 

昔は白髪染めというと、「お年寄り」というイメージで白髪染めのカラーもあまりなかったような気がします。
ところが近年では、白髪染めをしながらカラーを楽しめるというキャッチフレーズの商品が多々発売されており、
私のような「まだまだオシャレを楽しみたい年代だけど白髪染めが必要」な人には嬉しい限りです。

 

実際、私の白髪染めはもっぱら自宅で市販品を自分でする事が多いですが、
以前多かったクリームタイプでは、ムラになってしまい敬遠しています。

 

ただ、このタイプは残ったら次に持ちこせるメリットがあります。
これは髪のショートの人にはいいかもしれません。

白髪染めランキング体験者

しかし、私のようなロングになるとひと箱では足りず、2箱必要です。
現在多く用いている白髪染めのタイプは泡タイプです。

 

これは泡で揉みこむので、泡が浸透していきムラにならずキレイに染められます。
自分で染める場合は後ろが見えないので、このような泡タイプは失敗せずにいい方法と言えます。

 

白髪染めランキング案内人

そしてトリートメントタイプの白髪染めですが、現在各社から発売されていて、

使うたびに染まるというものが多いです。しかし、このトリートメント、私にはあまり効果が感じられませんでした。

 

オシャレにしたいからと、茶色いタイプを選びましたが、その色は白髪にしか作用せず、
もともと黒かった部分と白髪部分の差が激しく、結果的に使い続けられませんでした。

 

 

白髪染め口コミランキングへ


様々な白髪染めを試してみました記事一覧

皮膚にやさしい白髪染めのイチオシは?

最近では年配の人でも、ナチュラルな白髪のまま出歩く姿はあまり見かけなくなっています。それだけ髪のおしゃれとして白髪染めを愛用している人が多くなっているといえますが、白髪染めの利用者からたびたび聞かれる不満として、頭皮への刺激があります。白髪染めを使った時にチクチクとした刺激は、ヘアカラーを利用した場...

≫続きを読む