タイプ別白髪染め

タイプ別の白髪染め

タイプ別に白髪染めを紹介します♪

タイプ別記事一覧

泡タイプ

一人で染めるとき、どうしても後頭部や耳の後ろなどが染めにくい。クリームタイプだと分け目や生え際はいいけど、それ以外の髪の根元は染めにくい。いろいろ使ってたどり着いたのが、泡タイプです。ビゲンクリーミーフォームが一番のおすすめです。専用のポンプは繰り返し使えるので、初めにポンプを買えばあとは詰め替え用...

≫続きを読む

クリームタイプ

『綺麗に白髪を染めたい』誰でもそう考えて、自分で染めたり美容院に行ったりしますよね。もちろん私もその一人です。ですが、なかなかうまく染めることができませんでした。なぜなら目がすっごく悪いから。裸眼ではぼんやりとしか見えなくて、ムースタイプを使っていたのですがどうにもこうにもムラができてしまっていまし...

≫続きを読む

天然素材を使ったナチュラルな白髪染めの魅力

市販の白髪染めを使い続けているうちに、髪が傷んでバサバサになってしまった、という経験を持つ方は少なくないでしょう。その理由は、製品に含まれる化学物質がキューティクルを無理にこじ開け、髪のメラニン色素を分解して色素を浸透させる、という仕組みになっているためです。そのため使い続けるうちにキューティクルが...

≫続きを読む

トリートメントタイプ

市販の白髪染めは、髪のカラーをすぐに変えられるのはメリットですが、人が見ても白髪染めをしたのがすぐにわかるのはデメリットだとも言われています。また、臭いが強く、頭皮への刺激も強く、準備しなくてはいけないものが多いため面倒であることなどが指摘されています。トリートメントタイプの白髪染めの中には手に取っ...

≫続きを読む

白髪染めするならノンシリコンがおすすめ

髪に白髪が目立つようになると考えるのが白髪染めです。市販の白髪染めを買って家庭に簡単に染めたり、美容院でプロに染めてもらうのはもちろん、最近ではシャンプーやコンディショナーで徐々に目立たなくする方法も手軽と人気です。そんな白髪染めですが、染まりにくい人がいるようです。髪質や体質が原因のこともあるでし...

≫続きを読む

アレルギーを防止するための白髪染め

市販されている白髪染めを使い続けることで、アレルギーを発症してしまうこともあります。市販の白髪染めの中には、頭皮に刺激を与える害の大きな成分が含まれています。この成分を頭皮に直接つけてしまうことで、肌荒れが起こりやすくなってきたり、頭皮の乾燥を引き起こしてしまいアレルギ症状が出やすい状態になってしま...

≫続きを読む

市販の白髪染め

白髪染めのポイントとなるのが髪質、温度、放置時間、塗布量です。髪質は軟毛の方は染まりやすく、硬毛の方は染まりにくいという点があります。また、色ですが黄味がかったカラーは軟毛の人に向いており、赤味がかったカラーは硬毛の人にむいています。そして染める際の室内の温度は20度〜30度が適温になります。温度が...

≫続きを読む