若白髪の予防方法とは

若白髪の予防方法とは

年をとると白髪になってしまうのは自然現象ですが、若いうちから白髪になる若白髪で悩んでいる人も多いです。白髪は加齢や遺伝によって頭皮のメラノサイトの機能が低下し、メラニン色素が生成できなくなることでなります。

 

若白髪の原因は、バランスの悪い食生活やストレス、睡眠不足などがあげられます。バランスの悪い食生活をしていると、メラニンをつくるのに必要な栄養素が足りずに若白髪になってしまうことがあります。ストレスによって血行不良になったり自律神経が乱れたりすることも白髪の原因になります。睡眠不足も自律神経のバランスが乱れ、新陳代謝や血行不良になります。

 

若白髪を予防するためには、白髪の原因になることを改めればいいですが具体的な例を紹介します。まずはバランスの良い食生活を心がけます。髪の毛の主成分である良質のタンパク質を摂取したり、メラノサイトが正常なメラニンを生成するためにビタミンやミネラルを摂取することも大切です。ストレスが原因の場合は、上手にストレスと付き合う方法を探しましょう。

 

ストレスを完全になくすことは難しいので、自分なりのストレス解消法を見つけることが白髪予防につながります。

 

また、頭皮マッサージをすることでストレスを軽減したり、血行をよくすることができます。シャンプー中にすることもできますし、少しの空き時間でもできますので続けやすいです。頭皮マッサージのポイントは、力を入れ過ぎないことと爪をたてずにマッサージをすることです。痛いくらいの強さでマッサージをすると逆効果になりますし、爪をたてると頭皮を傷つけることになります。

 

若白髪に悩んでいる人は、髪の毛を染めるという手もあります。その場合、ヘアカラーを使う人もいるかもしれませんが、きちんと白髪染めを使うようにしましょう。最近では白髪染め用のシャンプーもあり、毎日使うシャンプーを変えるだけで自然に白髪を染めることが出来るので、簡単にできます。

 

白髪染め効果ランキングへ

若白髪の予防方法とは記事一覧

白髪は日常習慣を変えれば、黒髪に蘇ります!栄養バランスに注目しましょう

加齢すると白髪ができるのは当たり前と考えれていますが、生活習慣や食生活を改善することによって、白髪を改善できる可能性があります。白髪の原因は一般的に細胞の老化によるものだとされています。老化によって活動が低下し、黒髪を作るメラニン色素を作り出すメラノサイトという色素細胞も活動が低下していきます。メラ...

≫続きを読む