白髪は日常習慣を変えれば、黒髪に蘇ります!栄養バランスに注目しましょう

白髪は日常習慣を変えれば、黒髪に蘇ります!栄養バランスに注目しましょう

加齢すると白髪ができるのは当たり前と考えれていますが、生活習慣や食生活を改善することによって、白髪を改善できる可能性があります

 

 

白髪の原因は一般的に細胞の老化によるものだとされています。

 

老化によって活動が低下し、黒髪を作るメラニン色素を作り出すメラノサイトという色素細胞も活動が低下していきます。

 

メラニン色素が作られなくなることによって黒髪が作られなくなり、白髪が生えてくるようになるのです。

 

 

白髪の原因は加齢だけではなくそのほかにも、ストレス、病気やホルモンバランスの乱れ、栄養不足に間違ったヘアケアなどが考えられます。

 

ストレス

 

ストレスによるホルモンバランスの乱れと活性酸素の増加がメラノサイトの活動不全を引き起こしたり、血管を萎縮することで髪に栄養が不足してしまうことなどが原因だとされています。

 

 

病気はさまざまな症状が髪に現れてしまうことがあるため、白髪が増えて体調が悪いときにはきちんと病院を受診することをおすすめします。

 

 

栄養不足の場合には、メラニンを作るチロシン、チロシンを合成する必須アミノ酸のフェニルアラニン、メラノサイトの機能を活性化させて血液を作るビタミンB12および葉酸の欠乏などの栄養が不足していることが考えられます。

 

ヘアケア用品に過酸化水素が含まれていることもあり、これらも白髪の原因となってしまいます。

 

そのほか、喫煙や紫外線、睡眠不足などの生活習慣の乱れなども原因となります。

 

 

白髪を改善する簡単な方法のひとつが食べ物によるケアです。

 

メラニン色素を作るチロシンやフェニルアラニンなどの栄養素を食べ物で補っていくことで改善を目指します。

 

白髪が増えた

 

白髪に良い食べ物としては、チロシンを多く含む食べ物として代表的なのがチーズと大豆です。

 

チロシンは500mg?2000mgを摂取することが望ましいとされています。

 

チーズや豆腐では50?200g程度食べることによって摂取することができます。

 

 

チロシンの吸収率を良くするためにはビタミンB6やビタミンB9を一緒に摂取することがおすすめです。

 

ニンニクや唐辛子などにビタミンB6が含まれています。

 

 

ビタミンB9は葉酸とも呼ばれる栄養素です。

 

水にとけやすく加熱に弱いという特徴があるビタミンで、生うにやすじこなどの魚介類や緑黄色野菜としてはモロヘイヤや枝豆などに含まれています。

 

肉類ではレバーなどに多く含まれています。

 

 

ビタミンB12は血管を健康に保つことを期待することができる栄養素です。

 

レバーやすじこ、あんこう、アサリ、ハマグリ、牡蠣などの魚介類に多く含まれます。

 

 

白髪を改善するには亜鉛も有効です。

 

亜鉛を含む食べ物としては、牡蠣や煮干し、するめなどの魚介類、レバーやビーフジャーキー、牛肩肉などの肉類、チーズ、ナッツ類、海苔、卵黄、きなこに抹茶などさまざまな食品に含まれています。

 

しかし、吸収率の悪い栄養素のため吸収率を良くすることのできるレモンやイチゴなどに含まれるビタミンCと一緒に摂取することがおすすめです。

 

 

これらの栄養素ををバランス良くとっていくことによって白髪の改善へと繋がります。

 

栄養素

 

成長ホルモンが減ってしまうのも白髪になる原因のひとつです。

 

そのため、運動をすることによって成長ホルモンを分泌させるようにすることなども大切です。

 

 

効果的な運動としては、成長ホルモンの出しやすくなるスロートレーニングや加圧トレーニングなどが良いとされています。

 

 

その他にも、頭皮に血行を良くすることのできる頭皮マッサージを行なうようにしたり、白髪の原因となるストレスを改善するようにすることなども効果的です。

 

 

少しの生活改善と食事の改善によって黒髪に繋げることができるようになります。

 

 

 

 

白髪染め比較ランキングTOPへ